Tribes20 Web Professional School

デザイン脳の育て方

Top > スクールコラム > デザイン脳の育て方

[ 2022年4月14日 ]

「デザインのアイデアが浮かばない」「どうしたらデザインがうまくなるか」「デザイナーとして自信がない」などなど、たくさんの相談を受けます。
どうやったら上達するのか?どうやったら自信を持てるのか?ちょっと考えてみます。

そもそもデザインってどんなもの

確かに「デザイン」という仕事はすごく多岐にわたる意味があって、それに伴う仕事もまたバラバラの細分化されています。ちなみに…

みんなが想像するデザインソフトを使っての「デザイン」には

  • ウェブデザイン(ウェブサイトやウェブ広告)
  • グラフィックデザイン(ポスターなどのメイングラフィック)
  • エディトリアル(雑誌や書籍)
  • DTPデザイン(チラシや名刺)
  • モーションデザイナー(動画やウェブの動き)
  • UIデザイナー(アプリなどの画面や操作)

などなどです。それ以外にも、建築的なデザインや、工学的なデザインなんてのもデザインって言われてます。

じゃあデザインってなんやのん

表現の形は違えど、「目的のための、最適なアプローチを作る」だと思います。
例えば

  1. 「お店にたくさんお客さん来てほしい」
  2. 「いい感じのチラシを作ろう」

と言うことです。これで結果が出たらデザインとして成立している&大勝利です。
でも実はこの2つのステップの間には

  • 「いい感じってどんな感じ?」
  • 「どんな人に来てほしいの?」
  • 「他の店とどう違うの?」
  • 「そもそもチラシでいいの?」

というような事を考えなきゃダメなんですよね。じゃないと「いい感じ」は産まれないってこと。

どうやってデザイン上達する?

その上でどんな事をすれば上達するんでしょうか?
でも「上達」にもいくつかのポイントが在ると思う。

  1. 技術を上げていく
  2. デザイン思考を意識する
  3. 感動する

というものかな。

技術

「技術」については、よく言う「慣れ」「経験」の部分です。これしか言わない先輩がいたら、その方はちょっと…って感じかなw でも確かに技術は大事です。ソフトを正しく早く使えること。新しい技術を必要なのか見極めること。上手い人の真似をしてみること。これらはたしかに時間と経験が必要です。

デザイン思考

でも、技術を上げていくためにもどっちか言うと2と3が大事。
デザイン思考というのは、先に挙げた「いい感じのチラシ」を作るために考えた「誰に」「どんな形で?」「他の店は?」など

「いい感じ」をもっと細かく考える→作戦を立てる→作ってみる→効果を測って改善するという考え方のことです。

これはどちらかというと「意識する」ということです。プロのデザイナーほど、これをやっています。経験値が高いと無意識のうちに考えていますが、それでもときどき「あえて意識してみる」というのを自分も実践してます。一項目ずつノートに書いてみたりね。

デザイン(見た目かっこいいけど、なんか刺さらない…)というのは、このデザイン思考(=戦略)が抜けていることが多いんですよね。

デザイン思考を楽しみながら学べる「デザインはじめ塾」というYoutubuチャンネル作ったのでぜひ登録してあげてください(全然登録者が少ないw

感動

これは感情的な部分です。東京校の講師にこのポイントをぼくも教わりました。

日常生活や仕事や趣味など何でも良いから「感動」を増やす

つまり、映画を見て感動、誰かのデザインに感動、上司のやさしい面に感動、ごはんの美味しさに感動…。感動がこれだけ並ぶと胡散臭いけどw
でも「共感」と言葉を変えても良いかもね。世の中の色々なことに「自分にはできない!」「この発想はなかった」「アンビリーバブル!」みたいな共感。

つまり感動って、常に「面白いこと無いかな?」ってアンテナを立ててないと、なかなか感動できないんですよ。映画見てても「泣けたー感動ー」じゃなくて、あのシーンの後ろの桜が!とか、最後のシーンの後ろ姿が!とかっていうふうに、感動できるものに出会うだけじゃなくて、そこに積極的に「良いポイント探しに行く」って言うココロが無いとなかなか感動ってできないんだよね。

だからデザインを志す人ほど、たくさん遊んで、たくさんの景色を見て、たくさん回り道してほしい。悩んでいるその気持や、モヤモヤする思いも、いつか良いデザインを作るための種となってますよ!!(久保)

PageTop

資料請求・
お試し受講

分かりやすさとレベルの高さを知って欲しい!

資料請求・無料相談はこちら

大須観音から徒歩3分

名古屋市中区大須2-3-4

場所を詳しく見る