河童

ご存知の通り我が社は小さな所帯。一人一人が出来ることをすると言うのが基本スタンスでやってます。
このスタンスは仕事だけでなくて、例えば環境運動もそうだったりします。CSRってほど大それた事でもありませんけれど、出来ることをすると。

いつもお世話になっている環境団体「持続可能な豊かな社会をつくるネットワーク」のTさんから、お誘いいただいたのが今年の春。岡崎市を流れる乙川を、小学生を連れて上流から下流へ5ヶ月連続で見学&遊びに行くと言うもの。
当初は子供を引率なんて出来ないよと思っていましたが、野田知佑さんの活動を思い出し参加を決意。ホントに微力ながらお手伝いしてきました。
6月から11月まで月一回日曜日に、乙川へ行き、子供達と共に生き物を見つけ、ゴミを拾い、渓相を見、泳いで、カヌーして、カレー作って…。と言う内容。

参加当初は「よその子」の扱い、と言うのに戸惑い、どこまで自由にさせるべきなのか?どこまで叱って良いのか?が分からず苦労しました。第一回が終わった時は疲労の余り死んだように寝ました。
しかし回を重ねて、子供達の性格をある程度分かって、ボクがどういう人かを少しずつ分かってもらい、お互いの信頼関係が出来てきました。遊ぶ時には一緒になって遊び(それしかできない)、危ないことをしていたら本気で叱る。最低限のルールが自分の言動としてアウトプット出来るようになって行き、どんどんと楽しくなっていきます。
最後の回は子供達だけでタンデムカヌー(2人乗り)を協力して漕がせ、子供達の不変で無限の可能性を教えてもらいました。Kids are Allrightです。まさに。
とまあ無事に今月頭にようやく全回を終了した訳です。関係者の皆さんお疲れさまでした&ありがとうございました。

宮古チームでもちょこちょこ環境活動のお手伝いをしているようで、混沌のただ中にあるような広告・web制作業界ですが、Tribes20のあり方はこういう感じなんだろねえなんつって話していました。とさ。以上ダラダラと報告でした。本日オチ無し!
Posted by: Ryosuke Kubo at 14:34:16 |


今までYoutubeのHD画質は720p(走査線が720本)だった訳で、これが約1.5倍の1080pになったぜやったねこんにゃろうと言う話題です。
フルスクリーンで見ても、ほぼ劣化無しの超高画質。誰だインターネット画質はテレビを越えられないとか言ってたやつ。責任者出てこい。
とは言え、自宅のwin2000やらWiiでは処理がおっつかず見られたもんでは無いですが、ともあれスゴイ時代です。営業力は無いし、金も無い、しかしやる気のあるような企業(それうちじゃん)はYoutube向けのバイラルCMとか本気で考えた方が良いと思う。一社だとハードル高いから、どこかと手を組んでやるのも良いかもですね。あ、あの飲み屋のオーナーに相談してみよう。

何はともあれご覧あれ。是非ともフルスクリーンでご覧下さい。TOKYOってすごいから。
(HD) 夜のゆりかもめ(新橋→豊洲) 01
Posted by: Ryosuke Kubo at 11:15:10 |

TEL 052-917-0074 / MAIL TO US Copyright (c) TRIBES20 SYSTEM WORKS All Rights Reserved